神秘の洞窟・関ケ原鍾乳洞

2019/08/27

こんにちは。

今日は、関ケ原の鍾乳洞へ行ってまいりました。

昼から、生憎の雨で、気温も少し低めの24度。

少し肌寒い外出となりました。

 

関ケ原と聞くと、関ケ原の合戦があった場所。

それだけでは、なかったようです。

明治末期から大正初期にかけて建設された火薬庫跡がありました。

また後程、紹介したいと思います。

 

まず、鍾乳洞の駐車場に到着すると、ポツリポツリ雨が降っていました。

 でも、洞窟の中へ1歩足を踏み入れると、ひんやりとした風が肌をつたってきました。

「涼しい✨」

子どもたちは嬉しそう(^^♪

D君、R君、K君、うれしさのあまり私たちをおいて走り出して行ってしまいました。

頭上の岩から雫が滴り、また頭や頬にひんやりと落ちてきました。

「つめた~い(≧▽≦)💦」

 そして、ライトはあるものの、暗い場所もあり、なぜかスタッフの腕をしっかりつかんでるNさん(^-^;

 

 洞窟の中では、いろいろな説明がありました。

 

 

 「あ!魚 いた!」

ニジマスが泳いでいました!

 

 

 出口を出ると、むわっと温かい空気が…💦

全員で集合写真を撮りました♬

 次に、近くに玉の火薬庫の跡地がありました。 

中を覗くとただならぬ雰囲気がありました。

なんでしょう…

 立哨台もありました。

戦時中、最後まで空爆を受けることなく残りました。

驚きですね。

 

今日は、自然を肌で感じ、自然の壮大さを感じました。

また、火薬庫跡を見学し、戦争について少し触れられたかと思います。

 

このような跡地をみると、いろいろ考えさせられます。

これを見て、本当に世界が平和になることを祈るばかりです。

 

滋賀県で放課後等デイサービスをお探しの方は、
いまここplusへお問い合わせください。

見学随時、受付中!!



〒525-0023

草津市平井1丁目1-13

Tel:077-599-3560

Fax:077-599-3566



今までのブログ https://ameblo.jp/hokagoday/

Please reload

特集記事

室内遊び後公園遊び!!

June 7, 2019

1/4
Please reload

最新記事

July 7, 2020